ぷか、ぷかり。

今日も、にほんのどこかで、沼に浮かんでぷか、ぷかり。

*マシュマロお題* DDの強み

 

こんばんは、りくです。

Twitterに設置させて頂いているマシュマロにて、

ここのところ長く語りたくなる質問を頂くことがあります。

マシュマロの文字数制限は100文字…。

100文字じゃ語りきれないよ……と言うことで、

長文で書きたいことはブログにて書かせて頂くことにしました。

 

ファンになってやっと4ヶ月目に入った人間の言うことなので、

的外れ、お門違いなことを言うことも多々あるとは思いますが

生暖かく見守って頂けると嬉しいです。

 

 

 

 

 

初回の今回お話させて頂くお題は、

「DearDreamの強みは何だと思いますか?

 二次元も三次元も含めてお願いします。」

 

 

 

このお題、結構悩みました。それこそ、最初は言葉がパッと

出てこなかったです。数日、、、あれこれ考えました。

 

考えて考えて、出てきたのは

「ど真ん中アイドル」

だと言うことでした。

 

今まで長年アイドルファンをやらせて頂いてきたのですが、

アイドルって癖のあるグループが多いんですよ。

掴みを作って「え?なにそれ?」と思わせてから

視線を持っていったところで沼る…と言うパターンが多いん

ですけど、DearDream(以下DD)の場合、その癖を最初感じなかった。

びっくりするほどにど真ん中アイドルだったんですよ。

癖がない。アイドルらしいアイドル。

それこそ、昭和の時代のアイドルにいたよなぁ~と思うような、

どこか松田聖子さんの匂いを感じたと言うか。

 

でも、その先で驚いたのは、DDってメンバーひとりひとりは

癖があるんですよ。結構癖が強い。だけど、DDって言う

ユニットになるとど真ん中アイドルなことをやってくれる。

 

その、ど真ん中アイドルをやると言う部分でも、二次と三次が

うまいこと住み分けをしているなぁと思っています。

二次元のDDが「アイドルになるまで」「アイドルになってから

駆け上がっていくまで」を見せてくれたと思ったら、

三次元のDDが「ユニットかできてからの成長」を見せてくれる。

二次元のDDは、元々ユニットではなかった。

個人個人がいたところに、トラシグができて、そこにダブマスの

2人が加わってDDになる。でも、三次元のDDは最初から5人で。

そこがasと言う繋がりで繋がりつつ共に成長していく。

 

以前、長年ジャニーズファンをしている年上の友人に

DDのファーストライブDiscを見てもらったことがあるのですが、

その時に、友人が事後の感想として、

「私はやっぱりアイドルの成長を見るのが好きだ。」

って言ってくれたんです。

その言葉にもろもろが集約されている気がして。

 

アイドルファンをしている醍醐味として、アイドルの成長と

ともに、そこにどことなく自分も重ねたりもして。

アイドルの成長から感動や尊敬や、様々な感情をもらい

歓喜し、追いかける。

それをど真ん中アイドルとしてDDは見せてくれるんです。

 

私は癖のあるアイドルが好きなんですけど、

DDを見て、「あぁ、私はこんなアイドルを求めていたんだ。」

って思いました。

きっと、DDの癖と言うのは「ど真ん中アイドルであること」

だと思います。

多種多様が求められる昨今に、ど真ん中アイドルを持ってくること。

そして、それを綺麗に表現してくれるキャストがいること。

この2つが現存していることが奇跡だなとすら思います。

 

「純粋」で「まっすぐ」で「ど真ん中」。

それを今の時代に表現することって、きっと難しいことだったと

思います。そして、勇気のいることだっただろうな…とも。

でも、それをアイドル戦国時代の今に持ってきてくれた。

だからこそ惹かれた。

多種多様が求められる昨今にいきなり現れた「ど真ん中」。

でも、その「ど真ん中」こそが求められるものだなと思います。

 

えらそうな言葉を並べ立てて申し訳ないのですが、

申し訳ないついでに言ってしまいますが

「アイドルファンの皆様、DearDreamのMVを見てくれ」。

 

きっと、、、ううん、確実に、

あなたの好きなアイドルがそこにいます。