ぷか、ぷかり。

今日も、にほんのどこかで、沼に浮かんでぷか、ぷかり。

07/15/2018  7人から6人へ

 

おはようございます、りくです。

 

 

とうとう…この日が来てしまいました。

 

2018年7月15日

関ジャニ∞ 5大ドームツアー GR8EST

初日 札幌公演 当日

 

そして、関ジャニ∞ 6人体制での活動が始まる日。

 

 

 

4月15日に行われた、渋谷さんの脱退発表会見。

あの日からちょうど3ヶ月。

 

こんなにもいろんなことを考えた3ヶ月は無かった。

個人的にも怒涛の3ヶ月ではあったけれど、ものすごく濃い3ヶ月だった。

過ぎてみたらあっと言う間で、本当に短かったなと思います。

 

 

 

4月、脱退を告げられた日。

「何よりも、誰よりも先にファンに」と、ファンクラブの公式サイトで

メンバーひとりひとりのメッセージと共に知らされた。

天変地異。奇想天外。どんな驚きの言葉を並べても比べ物にならない

ほどの感情が体中を駆け巡った。ただ信じられず、背中を冷や汗がつたった。

 

「渋谷が抜けます」「関ジャニ∞はこれからも続いていきます」

「これからの関ジャニ∞は6人体制でいきます。」「よろしくお願いします」

全て決定事項だった。

それまで数ヵ月、メンバーは渋谷さんに自分の気持ちを伝えたり、

渋谷さんにあれこれ聞いたり、引き止めたりしていた。

…でも、ファンに告げられたのは「抜けます」と言う事後報告と、

「これからも関ジャニ∞は6人で続きます」と言う決定事項でした。

 

この時、私はメンバーと自分との間に大きなタイムラグを感じました。

 

メンバーにはあれこれと行動できる時間とチャンスがあった。

でも、ファンにはその時間もチャンスもない。

ファンレターやラジオ番組への投稿で気持ちを送ることはできた

かもしれない。けれど、それに対しての渋谷さんからの、メンバーからの

個人への直接の返答はもちろんない。当たり前のことだけれど。

 

「渋谷も、関ジャニ∞も、前を向いて進んでいくのでよろしくお願いします」

そう言われても前を向けなかった。

今までエイトとはスクラムを組んで一緒に進んできた気でいたけれど、

なんだか…今はスクラム組めてないなって思った。

 

「ちょっと時間をください」「気持ちがそうすぐには前に向かないよ」

と言うのが正直な気持ちでした。

 

 

 

6人体制になる関ジャニ∞、ひとりでの活動を始める渋谷すばる

いくら考えても、その両方が現実味を帯びなかった。

いつまで経っても、ただ頭にあるのは「いやや。」

「私は7人の関ジャニ∞を見ていたいんだ。」と言う気持ちでした。

 

 

昨日発表された、GR8ESTツアーグッズ。

そこに、渋谷さんのグッズは無かった。

渋谷さんのメンバーカラーである赤は、無くなるんかな…って思った。

…違った。

ペンライトが渋谷さんのメンバーカラー、赤込みの7色に光る。

 

そして、Tシャツに書かれている

「IF SOMETHING

 SAD HAPPENS TO YOU

 WE'LL MAKE YOU

 FORGET IT WITH OUR ROCK.」

のメッセージ。

「もしお前らに何か悲しいことが起きたら、

 俺らのロックで忘れさせたる」

の意味が込められていた。

 

なんだか、こんな状態でいることも、エイトからしたらお見通し

なのかなって思いました。

ファンが戸惑っていること、自分たちが少し先を歩いていること、

全部全部理解したうえで、

「その状態でええから、今の俺らを見てくれ」

「全部まるっと受け入れたるから」

「悲しいかもしらん。でも、コンサートで全部忘れさせたるから」

って。

アホみたいに頼もしい背中と、 くしゃって笑うあの6人が

全部全部全部、受け止めて受け入れて、その先へ連れてってくれるのかなって。

だから、ただありのままの、まだまだぐちゃぐちゃな気持ちを抱えてでも、

コンサートに行ってもいいのかなと思え始めています。

 

 

 

 

 

 

いきなりですが、皆さんは「関ジャニ∞」と言うとどんなイメージを

お持ちですか?

 

きっと「関西人」「よくしゃべる」「おもろい」そんな言葉が出てくる

のではないかなと思います。私も関ジャニ∞のファンになる前は、

そのイメージしか持っていませんでした。

でも実際にファンになって、彼らのことを知っていき、

以前は知り得なかった彼らの一面や考えを見・聞きし、

深く思ったのが

「本当に人間くさい人たち」

「ありのまますぎるほどに、ありのままな人たち」

と言うことでした。

 

アイドルを生業にし、ジャニーズ事務所に所属している。

誰もが煌びやかな世界で生きていると思いがちな世界の中にいてなお、

彼らはただがむしゃらに、「自分でいる」「自分たちでいる」ことを

頑なに貫き通している。

キラキラな部分を見せるのがアイドル…そんな世界にいて、

ありのままに、自分の・自分たちの、泥だらけな部分も、腹黒い部分も、

ネガティブな面も、悩みも、傷も、彼らは見せてくる。

関ジャニ∞を見ていると、「あぁ、彼らも同じ人間なんだな。」と思える。

同じ人間で、同じように失敗をし、どん底まで落ち、そこから必死に

努力をして這い上がってきた。

だから、関ジャニ∞のファンをしているときは、ありのままの自分で

いれたんです。綺麗なことなんて無かった、どん底にも落ちた、

暗い闇の中をただ、立ち止まったり、少し進んだり、進んでは後ろを

振り向いたりして、、、そうやって生きてきた、決して褒められや

しない私の人生であり、私でも、ありのままの気持ちで応援できた。

関ジャニ∞繋がりで知り合った友人には、過去の話もできた。

「私な、過去にこんなことがあって。」「家庭環境がね…。」そんな

暗い話をしても、「そーなん?実はうちもでね!」なんて返ってきたりして。

だから、関ジャニ∞繋がりでできた友人には本当にいろんなことを

話した。暗い話、楽しい話、アホな話。一生一緒におってほしいって

思える友人にも出会えた。宝物の友人たち。

 

アホなノリで、お酒片手に、少し闇を抱えて、

そんなありのままの自分で追いかけれた。

追いかけても許してくれる空気があることが、ありがたかった。

本当に、こんなに、ありのままの自分でいれた空間は無い。

関ジャニ∞がいたから、生きようって思えた。

私の生きていく糧でした。

 

 

 

これからの、今日からの関ジャニ∞を知っていくひと、

これからの関ジャニ∞に出会うひとたちは

「私が知った時の関ジャニ∞は、6人でした」

ってなっていくんだな、と思うとなんだか不思議な気持ちになりました。

でも、思い返してみれば、私も8人時代の関ジャニ∞のことを

深くは知らなくて。当時応援していたグループと同じ、

ジャニーズ事務所所属グループとしては知ってはいたものの、

ファンを始めた時にはすでに7人でした。

 

これからの、6人形態の関ジャニ∞を知っていくひとたち、

ファンになってくださる方々にとっては、私が8人時代をそう

思うように、どう考えても過去のことなんだと思います。

でも、7人時代のことを知ってほしいって思います。

メインボーカルで、魂込めて生きていた、誰しもに愛されている

渋谷すばると言うメンバーがいたことを。

 

 

 

少し前までは、来月、6人形態の関ジャニ∞を目にして

そこで強すぎるほどの衝撃を受けると同時に、6人形態になったことを

受け止めるのかなと思っていました。そうでもしないと受け止められない

だろうなって。

でも、今は、なんだか、きっとそれでも受け止められないものは

受け止められないし、アホな私の脳みそが「いや、今日たまたますばちゃん

欠席で6人なんでしょ?」「明日の公演からはすばちゃん参加でしょ?」

なんて、アホなこと考えてしまいそうで。

…慣れていくのもアリなのかなって思ってます。

次のシングルで6人しかいないジャケットを見て、あぁ、すばちゃん

おらんのんやって思って、次のアルバムにも、次のツアーにも、

TV番組にも、雑誌にも、、、どこにもすばちゃんがおらんのを何回も

何十回も見て、ちょっとずつ慣れていくように受け入れていくのもアリかなって。

 

7人時代を見ていた時間が長すぎて、そんな、ほんのちょっと、

数回だけ6人形態を見ただけじゃ、ストンと胸に落ちなさそうで。

 

もしくは、最初に思ったとおり、6人形態のコンサートを見て衝撃デカすぎて、

6人のエイトが熱すぎて、そこで受け入れられてしまうのかもしれんけど。

 

…わからん(笑)もう(笑)予期せぬことをやらかすのがエイトやから、

ほんまに。。。考えるだけ無駄なんかもしらん。

ただありのままに、エイトに、素っ裸でぶつかっていくのが

一番正解なんやと思う。

そこで、良しも悪しもありのままに感じてしまえって。

それが一番良いんやと思う。

 

 

 

 

 

今日の夜には、6人形態での活動が始まる。

ツアーの初日が幕開けして、セットリストが公開される。

 

でも、GR8ESTのベストアルバムでも言ってたとおり、

7人旅なんだと思います。

関ジャニ∞は、8人であろうと、7人であろうと、6人であろうと

関ジャニ∞だって言うことは未来永劫変わらない事実で。

7人旅から始まったGR8ESTは、6+1=7と言う形にはなるけれど

これからも関ジャニ∞の旅は続いていく。

 

くしくも、15周年のエイトイヤー。

旅はここからまた、続いていく。

 

海外公演も、ASEAN音楽祭への参加も決まっている。

 

 

 

渋谷すばるのこれからの旅に、幸多いことを。

関ジャニのこれからの旅に、幸多いことを。

願っています。

 

 

 

 

最強で、

 

最高の、

 

関ジャニ∞

 

 

これからもずっと、だいすきです。