ぷか、ぷかり。

今日も、にほんのどこかで、沼に浮かんでぷか、ぷかり。

6人体制を目の当たりにした日。

 

こんにちは、りくです。

 

 

2018年8月25日、朝9時台。

私は東京駅発の下りの新幹線に乗っていた。

この日、京セラドームで行われる、関ジャニ∞のコンサートに参加するため。

 

12時過ぎに新大阪で友人と合流し、ホテルに寄り荷物を預け、

昼食を食べると京セラドームへと向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関ジャニ∞から渋谷すばるが脱退すると発表があった時は、

私はすでにファンを辞めていた。

今追いかけてる人たちを精一杯追いかけるため、腹をくくって卒業していた。

そんな新たな場所でスタートを切った数ヵ月後、

渋谷すばるのグループ脱退を聞かされた。

 

 

背筋を冷たい何かがつたった。

 

 

それは予想もしていなかった、ありえないと思っていた現実だった。

 

 

 

関ジャニ∞から脱退者が出る。

 

そして何よりも信じられなかったのが、

渋谷・横山・村上の、三馬鹿と呼ばれていたトリオが2人になること。

この3人は何があろうとも、未来永劫、一緒だって思ってた。

 

 

 

 

 

「アイドルに、いつまでもアイドルでいてくれとは言えない」

最近、本当にそう思います。

アイドルであろうと、ひとりの人間であり、その人生は一度きり。

その一度きりの人生をどう生きるか決めるのは、本人であれ。

だから、ファンはアイドルに、いつまでもアイドルでいてくれとは

言えない。

…言えないけどね、、、やっぱり、願ってしまうよ。

 

 

渋谷さんは、昔、アイドルであることが嫌だと思った時期がある

と聞きました。その頃は、私はまだ関ジャニ∞を追いかけては

いなかったので、深くまでは知らないけれど。

一時期、仕事をしていなかったとも聞きました。

 

けれど、私がファンになった後に見た渋谷すばるは、

マイクコードを指に絡ませながら、真っ直ぐに前を見据えて

「いつまでも、あなたたちのアイドルです!!」

そう、叫んでくれた。

葛藤を抱え、悩み、もがいた先に彼が見出した答えがアイドルで

あり続けることだったのが凄く嬉しかった。

 

今でも思う。あの時の彼の気持ちにも、言葉にも、偽りはひとつも無かったと。

 

 

 

 

 

 

そんな渋谷さんが、関ジャニ∞を脱退しました。

 

去年のツアー、最終日で見た姿が最後の姿になりました。

 

 

 

 

 

 

2018年8月25日、関ジャニ∞の関西デビュー日。

 

この日を迎えるのが、もの凄く怖かった。

6人体制の関ジャニ∞を目の当たりにして、私は一体何を思うのだろう。

「足らへん…って、思うんかなぁ、、、やっぱり。」

ってぼんやりと思っていた。

 

 

 

京セラドームに着き、ゲートを潜り入場し、席に着く。

2ツアーぶりのアリーナ席だった。

しっかりとステージが見える席。

友人と3人で並んで座り、あーだこーだとしゃべっていた。

しゃべっていないと、なんだか落ち着かなかった。

 

 

 

席に着いて30分後だろうか。

エイトコールからの暗転。

KANJANI’s EIGHTERTAINMENT

GR8EST 京セラドーム25日公演が幕を開けた。

 

 

 

 

もっとね、怖いって思ってた。

 

もっと、切なくなるんだろうなって。

 

泣くんやろうなって覚悟もしてた。

 

でも、違った。

 

ずっとずっと、右手を振り上げて、コールして、踊って、叫んで、

…笑っていた。

 

 

 

 

渋谷さんがいない。

分かりきっていたこと。

 

割り振られた、歌割り。

 

真ん中にいない、マイクコードを絡ませ、前かがみになり、

体の底から歌を届けてくれたひと。

 

いないよ、彼はいなかった。

 

 

 

 

 

でもね、”6人の関ジャニ∞”が、ストン!と心の中に落ちてきたんです。

驚く程にストン!と。

 

もっと、ちぐはぐだと思っていた。

 

もっと、違和感があるって思ってた。

 

その両方ともを、感じなかった。

 

 

 

 

「6人になった関ジャニ∞」やけど、彼らは紛れもなく

今まで20年近い年月を共にしていて、ひとり減ったからって

そこでいきなりぎくしゃくなる訳ない。

 

 

 

関ジャニ∞の絆って強いなって思わされました。

 

 

 

 

渋谷さんの脱退が発表された日、

関ジャニ∞が6人体制になると発表された日。

あの日の衝撃は、いつまでも忘れられないと思う。

でも、8月25日。

6人体制の関ジャニ∞を見て得た安心感も、

私はいつまでも忘れないと思います。

 

 

「大丈夫なんかな?」って思ってた自分へ。

「大丈夫だよ。大丈夫だったよ。」って伝えたい。

 

 

 

 

 

「アイドルとは、物語である。」最近、聞いた言葉。

「アイドルとは、人間であり、その人(達)の人間ドラマである。」と思う。

 

ありのままの、人間くさく、男くさい、そんな生き様を見せてくれるのが

関ジャニ∞であると思っている。

本当の本当に、一般人に近い、「俺らやって悩むし、立ち止まるし、

傷つくし、へこたれるときもある。やけど、立ち上がってるんやで。」って。

 

 

 

 

 

関ジャニ∞の歌姫、メインボーカル、渋谷すばる

誰よりも、ほんまに、人間くさい道選んだなぁ…って思う。

自分の気持ちに正直に、ただ、真っ直ぐに。

 

「あほちゃうか…。」って今でも呟いてしまう。

「なんやねん、あほちゃうか…。」って。

 

6人体制の関ジャニ∞を見た今「すばるにおってほしいですか?」って

聞かれたら、YESともNOとも答えられなくなってしまった。

彼らは既に、6人での歩みを始めてしまったから。

 

でも、関ジャニ∞は「今は」6人です。って思う。

8人やった。ひとり脱退した。7人になった。

7人やった。またひとり脱退した。6人になった。

それが今なんですって。

「何人でも関ジャニ∞」メンバーがそう言うように、

関ジャニ∞関ジャニ∞であり、それ以上でも以下でもないと思う。

エイトは、エイト。何があっても。

 

 

 

 

進むんじゃない、進めるんだぜ!!

 

始まるんじゃない、始めるんだぜ!!!

 

終わらない旅を続けよう

 

ここにいる!!

 

 

 

関ジャニ∞は、いつだって、関ジャニ∞らしく、そこにいてくれる。

 

関ジャニ∞のこれからの旅路に、笑顔がたくさん咲きますように。