ぷか、ぷかり。

今日も、にほんのどこかで、沼に浮かんでぷか、ぷかり。

8/18/2018

 

こんにちは、りくです。

お久しぶりです。

気づけば1ヶ月以上も、ブログの更新をしていませんでした。

気持ちがうまく言葉にできなかったので、書けなかったんです。

今は…今のありのままの気持ちを書きたいと思います。

 

 

 

 

 

半年ほど前、それまで応援していた界隈も人も区切りをつけてここに来ました。

20年と言う長い時間を過ごしたそこは、慣れ親しんだ場所で、コンサート会場に

行けば「そうそう!この空気!!」と懐かしくなって、歌われる曲はどれも

耳馴染みのありすぎる曲だから「どの曲が来ても大丈夫よ。なんでも来い!!」

な状態でコンサートを観ていた。

今思えば、もはや実家のようなものだった。

 

そんな場所に区切りをつけ、旅立つと決め、今私はここにいる。

 

 

思えば、遠くまで来たものだな……と最近よく思う。

 

 

この半年間、本当に必死だった。

 

知らない場所、知らない人達、

知って行きたい場所、知っていきたい人達、

 

元々、歩みの遅い、理解力の乏しい私だから、

時間をかけてゆっくりと知っていきたいって思っていた。

 

でも、歩みだしたとたんに時間に限りがあることを告げられた。

そして、その時間が決して長くはないことも、同時に知った。

 

 

逃げ出すとか、帰るとか、そんな選択肢は私にはなかった。

それでも知っていきたいと思った。

歩みだしてしまっていたから、もう、引き返す気にはなれなかった。

 

 

戸惑うことはいっぱいあるよ。

コンサート会場に行くことが多かったのに、ここ最近は

劇場に足を運ぶことが多い。

コンサートで生きてきたような人間だから、本当に慣れない。

何を着て行ったらいい?ドレスコードってあるの?

グッズは…物販で買うの?どうやって買ったらいいの?

……マチネとソワレってなに?

分からないことだらけで、いつも一緒に行ってくれる友人を

頼らせてもらってる。

 

 

毎日が必死で、必死で、必死で、、、、、

ふと後ろを振り返ったときに、あぁ、遠くまで来たなって思った。

 

 

 

 

 

数週間前、推しの初主演舞台を観劇させて頂きました。

ありがたいことに、千秋楽も観させて頂きました。

 

千秋楽のカーテンコールで、真っ赤な顔をして花束を受け取る推しを見て、

何度も何度も深々と頭を下げる推しを見て、

あぁ、私は今このひとを追いかけているんだなと染み染みと思いました。

 

 

誰かを追いかけるって何でしょう。

私は何を求めて、誰かを追いかけるのでしょう。

 

幼い頃から変わらずしてきたことだけど。

 

 

きっと私は誰かの夢に自分の夢を重ねていたいんだと思います。

同時に私は、誰かを好きでいることが好きなんだと思います。

子どもみたいに真っ直ぐに、誰かに憧れていたい。

 

 

 

気持ちの整理がつかないことが多いです。

答えも出ないことが多いです。

 

 

でも、この数ヵ月、こちらで出会った人達。

電話でしゃべったり、会って話したり、鑑賞会をしたり、

一緒に観劇したり、、、。

この数ヶ月の間に出会ったとは思えないほどの濃い時間を

過ごさせてもらってます。

友人には本当にたくさん支えてもらえってます。

私の悩みや泣き言や愚痴まで聞いてくれてありがとう。

「やっと会えたね。」って言ってもらえると、飛び跳ねたくなるほど

嬉しくなります。

私と関わってくれて、ありがとうございます。

 

 

 

 

私はこの先、どこまでこの道を歩いていくんだろうか。

無我夢中だった半年間を振り返って、その先でこの道の先を見た時に

明確な「ここまで」が見当たらなくて目眩がしそうになる。

この先もこのスピードで歩いて行ったら、私ぶっこわれちゃうよって(笑)

 

マイペースに歩もう。私なりのスピードで。

 

それでも、10月のあの日まではこのスピードを落とす訳にはいかないから、

そこまで頑張る。

 

 

 

思えば遠くまで来ました。

でも、この数ヵ月間、とてつもなく濃かったけど、

とてつもなく、幸せでした。