ぷか、ぷかり。

今日も、にほんのどこかで、沼に浮かんでぷか、ぷかり。

想いを、乗せて。

 

こんにちは、りくです。

とうとう、武道館公演まで1週間を切ってしまいました。

私のアイドルファン人生も、あと1週間ほどで幕引きとなります。

 

周りの友達が武道館公演に向けて着々と準備をしている中、

私もちょっとずつ、準備をしています。

 

 

ここのところ、周りでよく言われているのが

「お手紙書いた?」

と言う言葉です。

今回の武道館公演でキャスト・キャラクターに出すお手紙。

誰に書いて、誰にはまだ書けていない…とか。

はたまた、こんな便箋で書いた、封筒に入れた。

そんな言葉が飛び交っています。

 

 

 

私はと言うと、誰にも書けていません。

誰にも、書けないと思います。

 

 

 

これがファ…○ナルなんだよ?

今書かなかったら後悔するんじゃないの?

誰にも?…誰にも書かないつもりなの?

 

 

 

うん、きっと、誰にも書かない。

 

 

 

私がこちら界隈に来て驚いたことのひとつが、

キャストとファンの距離の近さだった。

「言葉を投げかければ届く」そのあまりの距離の近さに驚愕した。

 

「イベントに行けば話せるよ」

「現場に行けば話せるよ」

友人に言われて驚いた。

 

私が過去いた界隈では、話す…なんて夢のまた先の夢だった。

20年ほどいた界隈で、私がご本人様と話せたのは1回?

 

 

「お手紙は出すものなんだよ。」

「書いて出すの!毎回!」

そう教えてもらったものの、書くことができなかった。

 

 

私の言葉が届く。届いてしまうことへの恐怖。

自分が思ってるのと違う意味で相手に届いてしまったら…。

この言葉、意味を含め過ぎてないかな?

悪い、マイナスに受け取られないかな?

ちゃんときちんとした文章になっているかな?

そう思うと、どうにも書けなかった。

 

 

Twitterでのリプにさえ緊張して、何度も何度も読み返して、

誤字脱字はないかなって何回も確認して。

結局、ありきたりな文章しか送れないでいる。

 

 

 

ファ○ナルへの時間が押し迫ってきた。

ふと、妹との電話で、うちわを並べて「どれ持って行こうか?」と話した。

「右上のがいいんじゃない?」「でも、文字はこっちの方がいいよね。」

なんてあれこれ相談して。

「よし!これを持っていこう!」と決めたとき、ふと、

「他のメンバーのうちわも作りたい。」と思った。

 

それから数日、火が付いたようにうちわを作った。

何かを払拭するように、気持ちの整理をするように。

 

DearDream、5人全員分のうちわが完成した。

お揃いの、各々のメンバーカラー入りの5つのうちわ。

 

うちわを作りながら、「あぁ、やっぱり私にはこれが合ってる。」と思った。

 

手紙は書けません。きっと、書いて出してしまったらその後を気にしてしまう。

そんな私が、気持ちをありったけ込めてうちわを作りました。

 

アイドルファンにとってうちわは、一種のラブレターやって思ってます。

あなたのファンがここにいますよ。あなたたちのファンがここにいますよ。

いろいろ考えた気持ちをこのうちわに託します…って。

 

 

お声かけさせてもらったら、メンバーのうちわは、友人が持ってくれることに

なりました。快く「持つよ!」って言ってくれた友人に大感謝です。

 

 

 

アイドルファンは、最後の最期までアイドルファンです。

私にとってうちわは、青春を共に駆け抜け、

いろんな気持ちを届けてくれた

”相棒”です。

 

 

そんな相棒と一緒に、今週末、武道館に行きます。

 

 

お手紙、出せなくてごめんなさい。

でも、その分の気持ちをうちわに込めて持ちます。

最後の最期まで、アイドルファンでごめんなさい。

でも、最後の最期までアイドルファンでいれて、嬉しいとも思います。

 

笑顔で幕引きできるように。

 

 

少しでも、届いたらいいな。